土質改良プラントで建設発生土の再利用化|現場で利用される特殊機械

メンズ

アーク溶接について知る

作業員

2つ以上の金属を溶融し、一体化する加工のことを溶接と呼び、溶接を行うための機械のことを溶接機と呼びます。この機会の用途というのは、溶接だけでなく金属を切断するためにも用いられる等、幅広いものとなっています。また、その用途によって使用する溶接機というのは異なってきます。溶融による溶接作業において使用される主な溶接機というのは、アーク溶接とスポット溶接といったものになります。その中でも、アーク溶接の方が様々な産業で利用されているでしょう。
アーク溶接というのは、溶接棒を使用して溶接を行う溶接機です。交流アーク溶接機とも呼ばれており、耐久性が高いといった特徴があります。また、価格が他の溶接機と比べ安価であるというのも、アーク溶接の特徴となるでしょう。耐熱・耐湿・耐水性も高いため、様々な環境で使用することができるのです。また、コード延長が可能なため取り回しも良いものとなっています。溶接も比較的容易に行えるため、アーク溶接は多くの産業で利用されているのです。その溶接の方法というのは、溶接棒に電熱を発生させ、その電熱で金属に溶融を発生させるといったものになります。200vの交流アーク溶接機であれば、6mm厚の鉄板や9mm厚のステンレス板等の溶接加工も容易に行うことができるでしょう。また、5mm厚までの鋳物であれば、交流アーク溶接機で溶融することが可能です。こういったアーク溶接の他にも、溶接ワイヤを使用したもの等、様々な溶接機が存在します。