土質改良プラントで建設発生土の再利用化|現場で利用される特殊機械

作業員

アーク溶接について知る

作業員

溶接機には様々な種類がありますが、その中でもアーク溶接は様々な産業で利用されています。アーク溶接は溶接棒を用いた溶接機で、取り回しが良く溶接が用意であるといった特徴のある溶接機です。

Read More..

ミニ土質改良プラント

葉っぱ

建設発生土というのは、全ての工事現場における全ての工事工程において発生する建設副産物です。工事の内容によって発生する建設発生土は異なりますが、全ての建設発生土は残土処理を行う必要がありました。しかし、近年では現場で発生した建設発生土を再利用化することのできる特殊機械が開発されたのです。それらの特殊機械は複数種類あり、建設発生土の種類によって使い分けられます。コンクリートガラや転石であれば粉砕機による再利用化が適しており、不良土や汚泥といった建設発生土ならば土質改良機による再利用化が適しています。ここでは、建設発生土である不良土や汚泥の再利用化について知っていきましょう。
不良土や汚泥の再利用化というのは、土質改良機によって行われます。しかし、その量が膨大であった場合には、土質改良機のみで行うには時間が掛かります。そういった場合には、土質改良プラントを利用するのです。土質改良プラントというのは、建設発生土の再利用化を行うための巨大な施設です。そこでは、一度に大量の建設発生土を再利用化することができます。もし、発生した建設発生土の量が土質改良機では時間の掛かる量で、土質改良プラントに持ち込むには少ない量であったのであれば、ミニ土質改良プラントを利用すると良いでしょう。ミニ土質改良プラントは、文字通り土質改良プラントをコンパクト化したものです。省スペースでの建設発生土再利用化を行うことができ、固化材の混合能力も高いものとなっています。また、混合する固化材の供給量もワンタッチで調整できるといった利便性の高い機能を備えています。

LINKS

  • 機械工具買取.com

    古い機器を処分する方法がコチラです。中古機械の買取は大阪で任せるようにしましょう!査定額に満足出来ますよ。

振動篩機の仕組みについて

工場

振動篩機と呼ばれる特殊機械は、様々な振動の発生による特殊な三次元運動により、建設発生土に混入した産業廃棄物を分別することのできる特殊機械です。建設発生土を再利用化するためには、この処理が必ず必要となるでしょう。

Read More..

PLCによる自動制御

背広のメンズ

自動で稼働している機械というのは数多く存在し、多くの産業事業の生産ラインでもそういった機械が利用されています。その自動化を実現しているのは、PLCと呼ばれる自動制御装置です。

Read More..